analysis-2030261_1920.jpg

R & D

社内外のリソースを結集し、

​日々、見えない敵と闘っています

​私たちは、国内外の先端技術を収集し、さまざまな企業や大学・研究機関との共同研究をはじめ、これまで培ってきたアデランスグループの技術と経験を生かし、研究開発に取り組んでいます。

ピペッティングサンプル

Photocatalyst

光触媒全体像.png

Mechanism

table_JP.png

光触媒の「反応」と「機能」

酸化チタン光触媒の反応は、「酸化分解」と「超親水性」の2つに大別されます。抗菌・抗ウイルスをはじめとする6つの機能が、それぞれの反応と関係し、さまざまな場所・モノに使用されています。

酸化分解のメカニズム

光触媒である酸化チタンに太陽光などの光が当たることで、​酸化チタンに含まれる電子(e-)と正孔(h+)が生じ、空気中の酸素と水分がそれぞれに反応し、酸化チタンの表面に「活性酸素」と「水酸ラジカル」という、酸化分解力を持った2つの活性酸素が発生します。

decomposition_JP.png
super_hydrophilicity_JP.png

超親水性

酸化チタンのもう一つの特性として、「超親水性」があげられます。光触媒未加工の面では水分を弾いてしまいますが、光触媒の加工面では超親水性の反応によって、外壁等の雨が当たる箇所へ施工している場合、セルフクリーニング効果が期待できます。

Partner

​東京理科大学

藤嶋  昭 栄誉教授

​* 株式会社アデランスとの顧問契約

名古屋工業大学

川崎  晋司 教授

​* 株式会社アデランス、及び株式会社アデランスバイオとの共同研究